2005年08月29日

宇宙スケールのテクニックとサウンド〜ヨークシャー・ビルディング・ソサイエティ・バンドの「宇宙の音楽」

【アーティスト紹介】
 ヨークシャー・ビルディング・ソサイエティ・バンド(以下,ヨークシャー)と言えば,ブリティッシュ・スタイルのブラスバンドで,ヨーロッパのコンテストでグランプリを数多く受賞している超有名なスーパーバンドです.ヨーロピアン・ブラスバンド選手権では前人未到の6年連続優勝を成し遂げています.

【このCDの購入理由】
 タイトル・トラックのスパーク作曲”宇宙の音楽”は,ヨークシャーが2004年のヨーロピアンバンド選手権で6年連続優勝を決めた際に自由曲として演奏し,会場を興奮に包み込んだ話題の曲です.この演奏はセッション録音になります.また,このCDには,最近,吹奏楽業界でも話題のグレーアムの名曲”ハリソンの夢”がカップリングとして収録されています.この話題の2曲をヨークシャーの演奏で聴けるというだけでも,絶対に買いだと思いました.

【CDレビュー】
 ”宇宙の音楽”は宇宙の誕生から成長,地球,未知なる宇宙の神秘を描いた大作です.冒頭の神秘的なテナーホルンのソロが非常に印象的です.その後の宇宙の成長を表すスピード感のある部分での一糸乱れね統一感はこのバンドの真骨頂ですね.生命を宿す唯一の星”地球”の宇宙の中における孤独感を表す部分は,郷愁を誘うメロディーを甘く切ない音色で歌い上げ,胸を熱くさせます.ラストは広大な宇宙を思わせるスケールの大きなコラールの後,未だ解明されない宇宙の謎と神秘が混沌としながら壮大に曲を閉じます.超難曲であるこの曲ですが,ヨークシャーの超絶テクニックと厚く芳醇なサウンドによる圧巻の演奏のため,難しさを微塵も感じさせず,時間を忘れて聞き入ってしまいます.やはり,この曲はこのバンドで聴いてもらいたいですね.

 もう一つの目玉である,”ハリソンの夢”ですが,こちらは一転,非常に熱い情熱的な演奏です.曲の前後に登場する時計の動きとハリソンの工房を表したテクニカルでアップテンポの部分は私がこれまでに聴いた演奏では最速の速さであり,前に攻めて来るような演奏ですが,それでも音楽が破綻しないところはさすがですね.海難事故の死者へのレクイエムである中間部のスローパートが絶品です.ヨークシャーは弱奏部の歌い上げがいつも印象的ですね.各楽器の音色が甘く,完璧にコントロールされたピアニシモによる切ないメロディーが胸を絞めつけます.後半のテクニカルパートの後に曲を盛り上げてから,最後にもう一度レクイエムに戻りますが,ここの盛り上げ方が熱い.少々オーバーフロー気味ではありますが,返って一気に感情がこみ上げる感じで,感動的です.

 その他のカップリング曲も圧巻の演奏で,プログラム,演奏共に非の打ち所の無い,ヨークシャー渾身の一枚です.

 ブラスファンだけで聴いていてはもったいない,クラシック音楽ファンのすべてに聴いて頂きたい名盤です.

【このCDの聴きどころ】
・ヨークシャーによる”宇宙の音楽”,”ハリソンの夢”という豪華プログラム
・テクニックとサウンドを堪能できる”宇宙の音楽”
・熱く,そして切ない”ハリソンの夢”


スパーク:宇宙の音楽,グレーアム:ハリソンの夢
演奏:ヨークシャー・ビルディング・ソサイエティ・バンド


宇宙の音楽/Music Of The Spheres


posted by ぶちねこ at 23:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 吹奏楽のお奨めCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

キラキラ輝くカルミナ・ブラーナ〜ラトル/ベルリンのカルミナ・ブラーナ

【このCDの購入理由】
 NHKで放映されたジルベスターコンサートの様子を視聴したのがきっかけですが,カルミナ・ブラーナへのラトルのアプローチと,ベルリンの金管群のブリリアントなサウンドは十分興味をそそられる要素ですね.

【CDレビュー】
 オルフのカルミナ・ブラーナと言えば,大編成のオーケストラに独唱,児童合唱,混声合唱を加えた大曲です.曲の内容はどちらかというと重たい内容ですが,ラトルはこの曲をベルリン・フィルのジルベスター(大晦日)コンサートに採り上げ,ジルベスターというお祭りにふさわしく,実にキラキラと輝かしい演奏に仕上げています.このCDはそのライブ録音です.

 カルミナ・ブラーナは大曲であるが故に,重く,ベタッとした演奏や,ゴチャ混ぜでよく分からない演奏になりがちですが,ラトルのアプローチはキビキビとしていて切れ味のいい演奏です.

 この切れ味のいい曲作りのため音の分離が良く,各セクションの音がはっきり聞こえる透明度の高さが特徴です.そのため,ブラスセクションはより輝かしく,弦楽セクションは艶やかに,合唱は華やかに聴こえます.

 また,合唱とオーケストラが均等に聴こえるため,曲の透明度を上げています.

 オーケストラ,独唱,合唱のすべての要素が互いを邪魔せずに,自己主張しながら作り上げるクライマックスはオールスター選手の競演の如く,豪華絢爛なクライマックスです.派手な演奏が好きな方には打ってつけの演奏でしょう.

 この透明度の高い演奏,録音には少なからず,ホールのフィルハーモニーの音響が影響しているであろうことを付け加えておきます.

【このCDの聴きどころ!】
・ラトルのキビキビとして切れ味の良い曲作り
・各セクションの音切れの良さとキラキラとした輝かしい響き
・豪華絢爛なクライマックス


B0006M18VMオルフ:カルミナ・ブラーナ
ラトル(サイモン) ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 オルフ

東芝EMI 2005-01-19
売り上げランキング : 14,765

Amazonで購入する
by G-Tools

posted by ぶちねこ at 00:38| Comment(1) | TrackBack(0) | クラシックのお奨めCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

雄大なアルプスへの讃歌〜秋山和慶/大阪市音のチェザリーニ”アルプスの詩”

【楽曲紹介】
 チェザリーニの”アルプスの詩”は,”アルプス交響曲”を作曲したR.シュトラウスの没後50年を記念して作曲されたものであり,R.シュトラウスのオリジナルに似た要素を持ってはいますが,描こうとしているものは全く異なります.R.シュトラウスが山の一日を模したのに対し,チェザリーニが最後の第7曲を”神の国”と名づけているように,”雄大なアルプスへの讃歌”としてこの曲が書かれたことが伺えます.

【このCDの購入理由】
 ”アルプスの詩”は本家の”アルプス交響曲”に負けず劣らずのホルンの目立つ曲です.ホルン吹きである私は,是非,ホルンセクションがしっかりしている楽団の演奏が聴きたいと思っていました.大阪市音楽団はホルンセクションが非常に安定しており,ライブの演奏会の評判も良かったことから,このCDを購入しました.

【CDレビュー】
 秋山和慶/大阪市音楽団のこのアルバムは,”雄大なアルプスへの讃歌”というイメージを最も感じさせる演奏となっています.

 まず,曲全体を通じて現れる息の長いフレーズは正にコラール,”歌”であり,教会のコーラス隊の歌を聴いているかのようです

 特に”讃歌”といての印象を深める役割をになっているのが,第7曲”神の国”で旋律の合間を縫って現れる,金管楽器のタタン,タタタンというファンファーレで.曲の進行とともに輝かしさを増して行き,歌い上げる讃歌に神々しさを添えています.

 そして最後は雄大なアルプスを讃えながら,アルペンホルンのテーマとともに圧倒的なスケールで曲を閉じます.

 この演奏を聴き終えた後は,何ともいえない幸福感が残ります.ライブ録音のため,演奏後にカーテンコールが入っていますが,その長さからも会場の聴衆も同じように幸福感を味わっていると想像できます.(これほどカーテンコールが長く入っているCDも珍しい

 なお,5曲目の”高原の牧場”におけるホルンのカデンツァが大変素晴らしいことも追記しておきます.

 その他,カップリングの曲も非常に集中力が高く,全曲楽しめる点でも素晴らしいアルバムです.

【このCDの聴きどころ!】
チェザリーニ:アルプスの詩
・コーラス隊の歌を聴くような息の長い旋律
・7曲目の旋律の合間に入る輝かしいファンファーレ
・雄大なアルプスを讃える圧倒的なスケールのフィナーレ



アルプスの詩/Poema Alpestre/大阪市音楽団

posted by ぶちねこ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 吹奏楽のお奨めCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。