2005年09月28日

吹奏楽の本質〜なにわウィンズ2005

【アーティスト説明】
 なにわ《オーケストラル》ウィンズは主に関西のプロのオーケストラ奏者が集まったヴィルトーゾ・ウィンドオーケストラを,淀川工業高校吹奏楽部の名物指揮者である丸谷先生が振るという,年に1回の企画もので,今年が3年目になります.

【このCDの購入理由】
・前回,前々回の演奏も素晴らしく,最新作も迷わず購入しました.

【CDレビュー】
 まず,3年目ということもあってか,サウンドが程よくブレンドされ,雑味のない大変すっきりしたサウンドになったと思います.このサウンドが,今回の少し軽めのプログラムと非常によく合っています.

 前半の3曲(イギリス民謡組曲,ゲールフォース,フランス組曲)は,とにかく明るく軽快な演奏であり,まったくストレスなく自然に聴くことができます.「午後のひと時にお茶でも頂きながら聴く」,といったシチュエーションがよく似合う,上品で素晴らしい演奏です.

 また特筆すべき点として,イギリス民謡組曲のトランペット・ソロが秀逸で,甘く軽やかな音色がとても印象的です.

 これだけ明るく,爽やか系のサウンドが出来上がってしまっていると,後半の”吹奏楽のための神話”のようなちょっと重めの曲は,曲とサウンドがマッチしておらず,もったいない印象を受けました.

 一方,なにわウィンズのもう一つの真骨頂と言えば,アンコールのポップス演奏.オーメンズ・オブ・ラブにあるクラリネットの難しいメロディーを,こんなに正確かつ軽やかに演奏しているのを聴いたのは初めてです.彼らにしてみれば「朝メシ前」といったところでしょうか.

 吹奏楽業界はコンクールが牽引していることもあり,シンフォニック志向の濃い音楽が注目されがちです.それはそれで,吹奏楽の可能性の一つであり,私も嫌いではありませんが,重量級の音楽ばかり聴いていると,少々疲れますよね.このCDは素敵なサウンドにより吹奏楽が本来持っている明るさ,爽やかさが全面に出ており,「吹奏楽っていいなぁ」って再認識させてくれる,素晴らしいCDだと思います.

【このCDの聴きどころ!】
・吹奏楽本来の良さに気付かせてくれる,明るく爽やかなサウンド
・甘く軽やかな絶品トランペットソロ
・アンコールも完璧なポップス演奏



なにわ<オーケストラル>ウィンズ 2005(通常盤)


posted by ぶちねこ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 吹奏楽のお奨めCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。