2007年12月05日

レッドラインタンゴ〜必勝コンクール!

【購入理由】
 2007年,日本の吹奏楽業界で最もブレイクした曲がJ.マッキー作曲のレッドラインタンゴではないかと思う.今年の吹奏楽コンクールでは非常に多くの団体がこの曲を自由曲として取り上げた.

 流行っているのは知りながら実はこの曲を聴いたことがなかったため音源を捜していたところ,東京佼成ウィンドオーケストラ(以下,TKWO)のセッション録音でリリースされたので購入した.

 所謂“新曲お披露目”みたいなアルバムでなく,カップリングにすでによく知られている曲が選択されているところがうれしい.中でもM.キャンプハウスの“ローザのための楽章”がお気に入りの曲であり,日本のプロの楽団による高水準の演奏が聴けるのが楽しみなところ.

 また,“アリランと赤とんぼ”が収録されているのも注目である.

【レビュー】
 近年,ニューサウンズとM8スタイル,コンピレーションばかりだったTKWOとしては久々の吹奏楽オリジナル楽曲の新録音となる.

 ここのところ市音やシエナに押され,勢いのなかったTKWOだったため,演奏の質に多少不安があったものの,安定感のある堅実な演奏に古豪復活の兆しを感じさせます.

 目的のレッドラインタンゴは今回初めて聴いたわけですが,スリリングなリズムと情感たっぷりのタンゴの調べが絡み合う面白い曲ですね.この曲の見せ場であるSAXソロは緩急のつけ方が絶妙で情感たっぷりの素晴らしい演奏です.TKWOということで恐らく奏者は須川氏と思われるますが,日本のトッププレイヤーのソロでこの曲が聴けるため,これからこの曲を取り上げるアマチュア奏者へのお手本としてお勧めの録音だと思います.

 もう一つの楽しみだった“ローザのための楽章”もクオリティの高い演奏で好印象.とくに前半のスローパートのやさしい響きと流れが心地よい.私の好みではもう少し後半で歌い込んだほうがいいのだが,特に気になるレベルではない.キャンプハウスの曲はなぜかあまりよい録音に恵まれてないため,キャンプハウスファンにお勧めの一枚だと思います.

 アリランと赤とんぼは私の記憶では初録音ではないかと思います.赤とんぼのほのぼのとした雰囲気にアリランの独特の節回しが加わるこの曲,実は結構難易度の高い曲なのだが,余裕を感じさせる演奏で,日本と韓国の2つの文化の交流に思いをはせて心が温かくなる秀演です.

 うれしい誤算がセンチュリアである.正直なところ,初級バンド向けの曲で,もはや“懐メロ”化しており,今さら真面目にこの曲を録音するところなどないと思っていましたが,見事に裏切ってくれました.華々しいブラスのファンファーレと木管の軽やかな旋律.「これぞ吹奏楽だ!」と言わんばかりの爽快な名演です.

 久しぶりにアルバム一枚を通して聴ける,吹奏楽の吹奏楽らしいアルバムで今年一番のお勧めのCDです.日本の吹奏楽界を牽引してきた老舗バンドであるTKWOには今後もこういったクオリティの高い録音をコンスタントにリリースして欲しいと思います.

【聴きどころ】
・“レッドラインタンゴ”の日本トッププレイヤーによるSAXソロ
・“ローザのための楽章”のクオリティの高い演奏
・“アリランと赤とんぼ”の心が温まる演奏
・“センチュリア”の吹奏楽らしい爽快な演奏


(楽天で詳しく見る)


posted by ぶちねこ at 23:30| Comment(30) | TrackBack(0) | 吹奏楽のお奨めCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。