2006年07月31日

マーラーの交響曲2番「復活」〜ブーレーズ/ウィーンフィル

【CDの購入理由】
 マーラーの交響曲第2番「復活」は私の大好きな曲の一つです.

 ブーレーズのマーラー演奏は以前から注目を集めており,そのブーレーズの最新録音で「復活」がリリースされるとなるとチェックしないわけには行きません.しかも,オケはあのウィーンフィル.

 ・ブーレーズのマーラーには注目が寄せられている
 ・最高のオケであるウィーンフィルとの共演
 ・この組み合わせによる「復活」の最新録音は大変興味深かった.

【CDレビュー】
 この曲は「復活」というテーマが感情移入しやすいテーマであることから,感情が表に出た激情型の演奏になる傾向があるようです.ほとばしるエネルギーで圧倒し,感動を与える名演が数多く存在しています.一方,ブーレーズという指揮者は緻密な分析に基づいた解釈で楽曲を構成する指揮者です.そんなブーレーズによる「復活」はこれまでに耳にしてきた激情型の演奏とは異なり,感情に任せた演奏ではなく,計算に則った演奏であると言えます.

 1〜3楽章は比較的早めのテンポ設定で進み,随所に独自のアゴーギクを入れているものの,意外と印象が強くなく,淡々とした感じがします.これは最後まで聴くとわかることですが,クライマックスをより壮大に感動的に聴かせるための複線としてプロローグ的な捕らえ方をしているのではないかと感じました.

 5楽章に入ると一転,大きくテンポが動き始めます.しかし,これも計算に基づいたものであり,決してその場の感情に任せたテンポの揺れではありません.歌い込むところはテンポを落としてじっくりと歌い込み,それ以外のところはテンポをキープしてあっさりと進行するということが徹底されています.この巧みなコントラストのつけ方によって聴き手の心は揺さぶられ,激情型の演奏よりむしろ情熱的にさえ感じます.

 また,激情型では終始,鳴りっぱなしになり,怒涛の如くクライマックスを迎えますが,この演奏では最後まで各セクションのバランスがしっかりコントロールされており,非常に美しい,圧巻のクライマックスを聴かせてくれます.

 これまで聴いた「復活」は感情の嵐のような激しい演奏がほとんどでしたが,感情のベールを取り払うとこんなにも美しい曲が隠れていたのかと,これまで持っていた「復活」へのイメージを一変させる一枚であると思います.

 この素晴らしい演奏において,ウィーンフィルのポテンシャルの高さは言うまでも無く,ウィーン楽友協会合唱団の合唱の美しさが際立っていたことを付け加えておきます.

【このCDの聴きどころ】
・ブーレーズの計算し尽くされた楽曲解釈
・テンポのコントラストによる,激情型より情熱的な演奏
・コントロールされた美しく,圧巻のクライマックス
・合唱の美しさ


マーラー:交響曲第2番マーラー:交響曲第2番
ブーレーズ(ピエール) ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 マーラー

ユニバーサルクラシック 2006-04-26
売り上げランキング : 1097

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



posted by ぶちねこ at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシックのお奨めCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

再開のお知らせ

 前回の書き込み以来,実に半年以上も空いてしまいました.見に来てくださっていた方には申し訳なく思っています.

 CDやDVDはそこそこ購入していたのですが,時間的にも精神的にも文章にする余裕がない状況が続き,こんなにも長くお休みしてしまいました.

 ペースは相変わらずゆっくりですが,お勧めするCDやDVDの情報の掲載を再開したいと思います.

 今後とも御ひいきにお願いしますm(_ _)m
posted by ぶちねこ at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。