2007年12月05日

レッドラインタンゴ〜必勝コンクール!

【購入理由】
 2007年,日本の吹奏楽業界で最もブレイクした曲がJ.マッキー作曲のレッドラインタンゴではないかと思う.今年の吹奏楽コンクールでは非常に多くの団体がこの曲を自由曲として取り上げた.

 流行っているのは知りながら実はこの曲を聴いたことがなかったため音源を捜していたところ,東京佼成ウィンドオーケストラ(以下,TKWO)のセッション録音でリリースされたので購入した.

 所謂“新曲お披露目”みたいなアルバムでなく,カップリングにすでによく知られている曲が選択されているところがうれしい.中でもM.キャンプハウスの“ローザのための楽章”がお気に入りの曲であり,日本のプロの楽団による高水準の演奏が聴けるのが楽しみなところ.

 また,“アリランと赤とんぼ”が収録されているのも注目である.

【レビュー】
 近年,ニューサウンズとM8スタイル,コンピレーションばかりだったTKWOとしては久々の吹奏楽オリジナル楽曲の新録音となる.

 ここのところ市音やシエナに押され,勢いのなかったTKWOだったため,演奏の質に多少不安があったものの,安定感のある堅実な演奏に古豪復活の兆しを感じさせます.

 目的のレッドラインタンゴは今回初めて聴いたわけですが,スリリングなリズムと情感たっぷりのタンゴの調べが絡み合う面白い曲ですね.この曲の見せ場であるSAXソロは緩急のつけ方が絶妙で情感たっぷりの素晴らしい演奏です.TKWOということで恐らく奏者は須川氏と思われるますが,日本のトッププレイヤーのソロでこの曲が聴けるため,これからこの曲を取り上げるアマチュア奏者へのお手本としてお勧めの録音だと思います.

 もう一つの楽しみだった“ローザのための楽章”もクオリティの高い演奏で好印象.とくに前半のスローパートのやさしい響きと流れが心地よい.私の好みではもう少し後半で歌い込んだほうがいいのだが,特に気になるレベルではない.キャンプハウスの曲はなぜかあまりよい録音に恵まれてないため,キャンプハウスファンにお勧めの一枚だと思います.

 アリランと赤とんぼは私の記憶では初録音ではないかと思います.赤とんぼのほのぼのとした雰囲気にアリランの独特の節回しが加わるこの曲,実は結構難易度の高い曲なのだが,余裕を感じさせる演奏で,日本と韓国の2つの文化の交流に思いをはせて心が温かくなる秀演です.

 うれしい誤算がセンチュリアである.正直なところ,初級バンド向けの曲で,もはや“懐メロ”化しており,今さら真面目にこの曲を録音するところなどないと思っていましたが,見事に裏切ってくれました.華々しいブラスのファンファーレと木管の軽やかな旋律.「これぞ吹奏楽だ!」と言わんばかりの爽快な名演です.

 久しぶりにアルバム一枚を通して聴ける,吹奏楽の吹奏楽らしいアルバムで今年一番のお勧めのCDです.日本の吹奏楽界を牽引してきた老舗バンドであるTKWOには今後もこういったクオリティの高い録音をコンスタントにリリースして欲しいと思います.

【聴きどころ】
・“レッドラインタンゴ”の日本トッププレイヤーによるSAXソロ
・“ローザのための楽章”のクオリティの高い演奏
・“アリランと赤とんぼ”の心が温まる演奏
・“センチュリア”の吹奏楽らしい爽快な演奏


(楽天で詳しく見る)


posted by ぶちねこ at 23:30| Comment(30) | TrackBack(0) | 吹奏楽のお奨めCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

エンターティナー/淀工・青春の軌跡 1986〜2005

【購入理由】
・ムービングオンと5年連続全国金賞の特演の映像が見たかった.

【レビュー】
 吹奏楽コンクールの常連,関西の横綱バンド”淀工”のコンクール名演を集めたDVDです.最近のコンクールの模様はすでに商品化されていることもあり,このDVDに収められているのは懐かしい演奏が中心となっている.

 お目当ては何と言っても87年の課題曲,ムービングオンだろう.ポップス調のムーディーなメロディーが斬新な課題曲でした.見所はスタンドプレーとドラムのスティックさばき.コンクールであることを忘れさせる遊び心が満載の粋な演出です.この演奏が映像とともに楽しめるというのが今回,大変価値のあることだと思います.当時,リアルタイムでこの課題曲を演奏していたおじ様,おば様世代は即購入のお勧めアイテムです

 続いて5年連続全国金賞の特演.当時,ブレーンのビデオマガジン”Winds”にこの模様を目にして度肝を抜かれたのを思い出します.”アイーダ”の凱旋行進曲ではステージ左右にアイーダトランペットのファンファーレ隊,客席にバンダを配置しての圧倒的な迫力.ラストのファンファーレの中でクラッシュシンバルの2人が動きを揃えて曲を閉じる様子は鳥肌ものです.また,ヒットパレードでは歌あり,踊りありのエンターティナーぶり.しかも,よく見る学芸会的な演出より格段にクオリティーが高い.当時,多くの中高生がこの特演のマネをしたことだろうか.

 その他,淀工が特定の自由曲をローテーションしていることもあってか,このDVDには課題曲が多く収められている.マーチの課題曲を好んで選んでいるのが特徴的です(当時の課題曲はマーチ2曲とそれ以外2曲だった).これがまた淀工はマーチが上手い.要所を押さえたキビキビした演奏でドライブ感が良い.マーチ演奏のお手本としたい演奏です.

 若々しい丸ちゃんとはつらつとした高校生の姿が印象的です.最近の吹奏楽界が忘れかけている姿がここにあります.本当に楽しいDVDです

【見所】
・ムービングオンのスタンドプレイ,ドラムのスティックさばき.
・アイーダのファンファーレ,バンダ.そしてラストのバンドの一体感.
・ヒットパレードのエンターティナーぶり.
・丸ちゃんと生徒の音楽を楽しむ姿.



淀工・青春の軌跡 1986〜2005

posted by ぶちねこ at 00:54| Comment(1) | TrackBack(1) | 必見DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

マーラーの交響曲2番「復活」〜ブーレーズ/ウィーンフィル

【CDの購入理由】
 マーラーの交響曲第2番「復活」は私の大好きな曲の一つです.

 ブーレーズのマーラー演奏は以前から注目を集めており,そのブーレーズの最新録音で「復活」がリリースされるとなるとチェックしないわけには行きません.しかも,オケはあのウィーンフィル.

 ・ブーレーズのマーラーには注目が寄せられている
 ・最高のオケであるウィーンフィルとの共演
 ・この組み合わせによる「復活」の最新録音は大変興味深かった.

【CDレビュー】
 この曲は「復活」というテーマが感情移入しやすいテーマであることから,感情が表に出た激情型の演奏になる傾向があるようです.ほとばしるエネルギーで圧倒し,感動を与える名演が数多く存在しています.一方,ブーレーズという指揮者は緻密な分析に基づいた解釈で楽曲を構成する指揮者です.そんなブーレーズによる「復活」はこれまでに耳にしてきた激情型の演奏とは異なり,感情に任せた演奏ではなく,計算に則った演奏であると言えます.

 1〜3楽章は比較的早めのテンポ設定で進み,随所に独自のアゴーギクを入れているものの,意外と印象が強くなく,淡々とした感じがします.これは最後まで聴くとわかることですが,クライマックスをより壮大に感動的に聴かせるための複線としてプロローグ的な捕らえ方をしているのではないかと感じました.

 5楽章に入ると一転,大きくテンポが動き始めます.しかし,これも計算に基づいたものであり,決してその場の感情に任せたテンポの揺れではありません.歌い込むところはテンポを落としてじっくりと歌い込み,それ以外のところはテンポをキープしてあっさりと進行するということが徹底されています.この巧みなコントラストのつけ方によって聴き手の心は揺さぶられ,激情型の演奏よりむしろ情熱的にさえ感じます.

 また,激情型では終始,鳴りっぱなしになり,怒涛の如くクライマックスを迎えますが,この演奏では最後まで各セクションのバランスがしっかりコントロールされており,非常に美しい,圧巻のクライマックスを聴かせてくれます.

 これまで聴いた「復活」は感情の嵐のような激しい演奏がほとんどでしたが,感情のベールを取り払うとこんなにも美しい曲が隠れていたのかと,これまで持っていた「復活」へのイメージを一変させる一枚であると思います.

 この素晴らしい演奏において,ウィーンフィルのポテンシャルの高さは言うまでも無く,ウィーン楽友協会合唱団の合唱の美しさが際立っていたことを付け加えておきます.

【このCDの聴きどころ】
・ブーレーズの計算し尽くされた楽曲解釈
・テンポのコントラストによる,激情型より情熱的な演奏
・コントロールされた美しく,圧巻のクライマックス
・合唱の美しさ


マーラー:交響曲第2番マーラー:交響曲第2番
ブーレーズ(ピエール) ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 マーラー

ユニバーサルクラシック 2006-04-26
売り上げランキング : 1097

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by ぶちねこ at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシックのお奨めCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。